TOP > 日本語教室 > 日本語教育リソースルーム > みんなの声

日本語教育リソースルーム



日本語教育リソースルーム”わいわいガヤガヤ勉強会”の舞台裏
(運営ボランティア 土井)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 当リソースルームでは、年に1,2回“わいわいガヤガヤ勉強会”というのを自主企画・開催しています。

 今月26日(土)に今年度の第1回目「調べて増やそう!使えるリソース」を行いますが、ここではその舞台裏をこっそり(?)ご紹介します。
 そもそも、今回の企画が持ち上がったのは昨年の10月(!)。その後、毎月の例会で内容や流れ、スタッフの役割分担など何度も何度も検討を重ねて、よ〜〜〜やく開催に至ったわけです。「えっ、何でそんなに時間がかかったの?」って?それはですねぇ、今回は勉強会の内容以上に、その趣旨について徹底的に話し合ったからです。
 
 まず、「この勉強会を通じて、わたしたちはだれにどんなものを提供できるか、提供したいか」ということを、スタッフ間でじっくり話し合いました。普段の活動で仲間から聞こえてくる現場のニーズをもとに、ほかの講座や研修会ではやっていないこと・やれていないこと、各ボランティア教室からのメンバーが集まっているわたしたちだからこそできることって何だろう?と。
 
 その後、それが「リソースの提供と共有の場づくり」ということに落ち着いてからも、その趣旨・目的に応じた内容と方法についてアイディアや意見を交換し、役割分担と当日の準備を始め、構想から8か月を経てようやくこのたびお披露目となったわけです。
 
 わたしの知る限り、こんなにも長い期間みんなで話し合って企画した勉強会は初めてなんじゃないかと思います。そのぶん、今回は気合が入ってます!ご参加予定のみなさんは、どうぞお楽しみに。残念ながら今回ご参加いただけなかったみなさんは、後日の報告をお楽しみに!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


戻る

文頭へ