外国語ラジオ放送

外国語ラジオ放送 放送ボランティア紹介

PSAのラジオ放送ボランティア研修会の様子
ラジオ放送ボランティアの研修会の様子

 当協会で外国語ラジオ放送番組の制作にご協力くださっているボランティアさんたちをご紹介します。

 放送ボランティアには、日本語原稿から外国語へ翻訳して、放送原稿を作っていただく「翻訳ボランティア」の方々と、その放送原稿を実際にスタジオで読んでいただく「スピーカー・ボランティア」の方々がいます。

 活動は、基本的に4週間に一度です。

翻訳ボランティアについて
 
 当協会で作る日本語原稿を、各国語に翻訳していただいています。番組によって分量は異なりますが、翻訳期間はどちらも一週間です。正しく訳すだけでなく、ラジオ放送というメディアにふさわしい軽快で、洗練された表現に訳さなくてはならないので、結構大変です。
 また、外国人向けラジオ放送の番組では、日本での日常生活に役立つ税金や法律、福祉などの情報から、日本文化等の外国人にはあまり馴染みのないことがらまで幅広く扱っています。地名や固有名詞、専門用語も数多く出るため、翻訳ボランティアの皆さんも苦労されているようです。

 実際には、翻訳ボランティアさんに訳していただいた原稿をスピーカーボランティアさんが添削して使用するので、分からない言葉や自信のない箇所が若干あってもOKです。なお、ご希望の翻訳ボランティアさんには、ご自分が翻訳された分の修正原稿を放送後にお渡ししています。

翻訳ボランティアの活動について
活動の要件 当協会の語学ボランティアに登録していること
翻訳の締切日を厳守できること
一定期間(1年)以上継続して活動できること
原稿の分量 Global Voice:日本語で700文字程度
翻訳期限 1週間


スピーカー・ボランティアについて

スタジオで収録に参加していただきます。情報を的確に、わかりやすく伝えることが一番重要です。Global Voiceは8分間と短い番組。その限られた時間内に原稿を読むというのは、結構難しいことです。それでも、回数を重ねるごとペース配分もどんどん上手になりました。
 ラジオ局のスタジオという独特の雰囲気を持った場所での作業にも慣れ、今ではみなさん、制作スタッフやDJの方々と楽しみながら番組を作っています。
Global Voice収録の様子
収録の様子

スピーカー・ボランティアの活動について
活動の要件 当協会のサポートボランティアに登録していること。
スタジオでの収録に参加できること
一定期間(1年)以上継続して活動できること。
収録場所 Global Voice:ZIP-FMスタジオ(名古屋市中区)
その他 交通費を支給します。