TOP > 調査研究

調査研究事業

当協会では、平成21年度から新中期計画「愛知県国際交流協会事業推進計画(AIA i プラン)」に沿って様々な国際交流事業を推進おります。
その中の柱の一つに、「国際化に関する調査研究・情報提供」が掲げられています。これは、当協会がこの地域のシンクタンクとしての機能を発揮し、県民、NGO/NPO、市町村等が国際交流・協力活動、多文化共生の地域づくりを行いやすい環境を整備するため、調査・研究機能を充実するとともに、国際化に関する情報を集積し、様々な媒体を通じて有益な情報を提供しようとするものです。

平成21年度は、「日本語教室で学習する外国人児童生徒の実態調査」を下記のとおり行いました。
(1) 調査対象
平成21年度に「日本語学習支援基金事業」の助成を受けた日本語教室に通う外国人児童生徒。
(2) 回答方法
それぞれの団体が行う日本語教室において、外国人児童生徒が直接調査票へ記入。また、必要
に応じて教室の運営に携わるスタッフが外国人児童生徒から聞き取って記入しました。
(3) 回答数
この調査は、日本語教室に通う外国人児童生徒数721人を対象としており、うち494 人から回答がありました。
(4) 調査期間
平成21年12月1日~平成22年2月15日
(5) 調査結果
平成21年度調査・研究事業報告書(PDF形式 1.2MB)

※過去の調査事業報告
平成16年度「外国人に対する防災対策調査」(PDF形式 190KB)

文頭へ