【STAFF TALK(第276回)】

もうすぐ、クリスマスですね。最近では、日本の各地でも、この時期になるとクリスマスマーケットが開かれるようになりました。マーケット一帯はイルミネーションで色めき立ち、ツリーに飾るオーナメントやニット製品、キャンドルやサンタクロースのマスコットなどの様々な雑貨。どれもかわいらしくて見ているだけでもテンションが上がりますね。こんな幸せな気分を味わえるクリスマスシーズン。大好きな季節の1つです。ところで皆さんは、こんな素敵なクリスマス気分を1年中味わえる街があるのをご存知ですか?それはドイツの南部にあるローテンブルクという街で、マルクト広場を中心に数々の屋台が並び、クリスマスミュージアムもあります。私もかつて、訪れたことがありますが、華やかなクリスマスを見るのはテレビの中だけだった私にとって、目の前に広がるそれは夢のような空間とひと時でした。ドイツの冬は南部といえどもとても寒く、可愛い雑貨を見ながらも凍えそうでしたが、グリューワイン(香辛料入りホットワイン)やソーセージの屋台もあって、ほっこりあたたまってから、またマーケットでお土産探しに精を出した記憶があります。今度は夏にもクリスマス気分を味わいに行ってみたいと思いつつ、やはり1番盛り上がるのはクリスマスシーズンだそうです。そして今年のクリスマスシーズンは毎日17:00にサンタクロースが訪れるのだとか。実際にドイツまで行ける方は、今からだとそうはお見えにならないでしょうけど、皆さんのクリスマスが豊かで幸せなものとなりますよう祈っています。(Y)

[戻る]