【STAFF TALK(第270回)】

先日、電車に乗っていたら、外国人と高齢の日本人女性が一緒に乗り込んできました。どうやら、たまたま居合わせ、片言の日本語と片言の英語でおしゃべりを楽しんでいる様子。「(日本人女性)どこから来たのですか?」「(外国人)アフリカです。アフリカ行ったことありますか?」「(日本人女性)アフリカ?ないわ。治安はどうですか?」「(外国人)治安?」「(日本人女性)治安は何て言うのかしらね。安全?」「(外国人)安全?」お互いがスマートフォンを手に取り調べてみるけれど、適当な言葉が見付かりません。そこへ「(たまたま隣に座った人)安全はsafetyではないかしら?Africa is safety?」「(日本人女性)あら、隣に英語が分かる人が居たのね。」「(外国人)ええ、ガーナは安全です」「(日本人女性)暑いですか?Hot?」「(外国人)ええ、暑いです」」「(日本人女性)湿度はどう?」「(外国人)湿度?」「(日本人女性がたまたま隣に座った人に向かって)湿度は何と言うの?」「(たまたま隣に座った人)ちょっと分からないわ」「(さらに隣に座っていた人)湿度はhumidityですよ」「(日本人女性)あら、最近の人は英語が分かるのね」そうこうしているうちに、降りる駅に到着。この楽しい会話は終わりとなってしまいましたが、何気ない会話から、周囲の人も一緒になって、小さな国際交流が広がっていく様子に、ほんわかした気持ちになる出来事でした。(M)

[戻る]